体ニキビのケアの仕方

顔以外のニキビで悩む方にケアの仕方をご紹介します。
体にできるニキビは体ニキビと呼ばれ、
皮膚に生じる病気です。

 

身体にできるニキビは、
主に背中や胸元、二の腕やなどにできますが、
まれに頭皮にできることもあるそうです。

 

体ニキビができる部分は
皮脂の分泌が多いところで、
特に背中が一番できやすいんですよね。

 

 

顔にニキビができたら
すぐにケアをするでしょうけど、
体にできたニキビは気づかない人もいれば、
そのままケアをしない人も多いと思います。

 

 

ですが体ニキビは悪化しやすく、
ニキビ跡にまでなる可能性が高いので、
発見次第すぐにケアをしておきたいですね。

 

 

体ニキビができる原因は様々です。
ホルモンバランスの崩れや生活習慣が悪いと、
顔と同じようにニキビができます。

 

ですが
顔のニキビとは違った原因で
体ニキビができる場合もあります。
それは、
「ケアが行き届いていない」ということです。

 

顔は毎日ケアをしているでしょう。
ですが、体のケアは、『洗う』くらいしかしませんよね。

 

・しっかり洗えていない
・洗いすぎて乾燥している

 

この2つが原因で体ニキビができることもあるんです。

 

また、背中や胸元は常に衣服や毛先が当たっていたりしますよね。
そのことが原因で肌荒れを起こしてニキビができる可能性もあるんです。

 

体ニキビが出来てしまったら、その後の予防の為にも
皮膚の清潔と乾燥していない状態を保てるようにケアをしていきたいですね。

体ニキビを起こさないために

 

体ニキビは顔のニキビより比較的治りが遅く、
ケアをしても徐々に治っていく為
少しでもケアを怠れば
さらに治りにくくなるという欠点があります。

 

 

体ニキビを起こさないためには、
しっかり治してニキビができないように
毎日ケアの習慣と規則正しい生活を心がけましょう。

 

 

ニキビができる原因として、
生活習慣の不規則さが挙げられます。

 

生活習慣が不規則だと
ホルモンバランスが崩れ、
ニキビが出来やすい状態になってしまいます。

 

また、食生活や睡眠なども
ニキビとは深い関わりがあるので
普段から気を付けておきたいですね。

 

 

生活習慣は健康的な生活を意識すれば
改善できると思うので、
体ニキビを起こさないために取り入れたい習慣を
挙げておきます。

 

・衣服は清潔に保つ
・汗をかいたら着替える
・体をゴシゴシ洗わない
・睡眠をしっかりとって身体を休める
・体が乾燥していないか気に掛ける
・ボディクリームやジェルなどの保湿用品を使う

 

 

私は普段から体ニキビを起こさないために、
クリームを使ってお風呂上がりには保湿ケアをしています。

 

体ニキビ予防にもなりますし、血行を良くしたり、
紫外線を浴びてもさほど日焼けしない強い肌を
作ることが出来るのでおすすめです。